アオギリ

 001

アオギリ:Firmiana simplex CL.)W.F.Wight

別名(和名): ケナシアオギリ
英名: Phoenix tree,
Chinese parasol tree
ローマ字名: Aogiri
和名(漢字): 青桐
中国名: 梧桐
生薬名: 梧桐子
花期: 6月〜7月
使用部位: 全樹(株),葉,種子
植物解説:  落葉高木。高さ15〜20m,直径60cmに達する。葉は互生し、 長さ15〜25cm、幅15〜27cmの扁円形または心臓形で、掌状 に浅く 3〜5裂する。葉柄は10〜30cmあり、基部は心臓形、鋸 歯はない。枝先に大形の円錐花序を出し、雄花と雌花を交え、黄白色の萼片5個の小花を群生する。果実は舟形の5片に割れ、10月に熟し、長さ5〜10cmの心皮の縁辺に1〜5個の小球状の種子をつける。
産地と分布:  伊豆半島、紀伊半島、四国、九州、沖縛、台湾、中国など、東アジアの亜熱帯から熱帯に分布する。海岸林や二次林に成育す る。陽樹で、十分に日の当たる肥沃な土地を好む。
用途・効果:  潮風や大気汚染にも比較的強いため、庭園、公園、街路樹、 緑陰樹にし、材を建具、家具、楽器などとする。樹皮繊維は強® で、織物、綿、網の原料になる。樹皮には粘質物が含まれており、水に浸し製紙糊料や洗髪料とした。種子は炒ると食べられ、室 町時代には種子を菓子に、戦時中は炒つてコーヒーの代用とした。健胃の効果があり、炒って服用すると、腹痛、胃痛などに効く。昔 は種子を便所のウジ虫発生防止にも使われた。葉は血圧降下、動 脈硬化予防に効果があり、葉を乾燥させてタバコの代用にしたという報告もある。