アキグミ

 008

アキグミ:Elaeagnus umbellata Thunb. var. umbellata

別名(和名): グミ,グイミ,アツノ<アキグミ ハマグミ,力ワラグミ
英名: Autumn olive,
Japanese silverberry, Umbellate oleaster
ローマ字名: Akigumi
和名(漢字): 秋茱萸,秋胡頹子
中国名: 牛奶子,小葉胡頹子, 胡頹子,茱萸
生薬名: No imformation in present.
花期: 4〜5月
使用部位: 全樹(材),果実
植物解説: 落葉低木。高さ1〜3m。茎は直立して分岐する。枝には刺が
あり、小枝は灰白色を帯びる。葉は互生し、長さ4〜8cmの長楕
円形。表面には白い鱗片があるが、のちに無毛となる。裏面と葉
柄には銀白色の鱗片を密生する。新枝のつけ根に数個がかたまっ
てつく。花弁はなぐ萼が花のような筒状の形で長さ6〜7mm、先
端は4裂する。白色から黄色に変わり、芳香がある。果実は直径
6〜8mmの球形で秋に赤く熟す。
産地と分布: 北海道の道央以南、本州から九州、沖縛、朝鮮、中国、台湾
に自生し、日当たりの良い山野、林道脇、河原、海辺の砂浜によ
く生え、植栽もされる。
用途・効果: 材は堅く農具、工具の柄などに利用する。果実は渋みが強ぐ
生食するのは難しいものの、10〜11月ごろ、赤熟した果実をレモ
ン汁と砂糖シロップなどを使ってジャムを作り、美味しく食べられる。
果実には幾つかの有効な薬理活性を有しており、美容食品として
食する。