アキノキリンソウ

 010

アキノキリンソウ:Solidago virgaurea L.subsp.

別名(和名):  アワダチソウ
英名: Goldenrod
ローマ字名: Akinokirinsou
和名(漢字): 秋の黄輪草,秋の麒麟草
中国名: 一枝黄花
生薬名: 一枝黄花
花期: 8〜11月
使用部位: 全草,新芽
植物解説:  多年草。高さ30 ~ 80cm。茎は細長く直立し、下部は紫黒色で 短毛があり、時に分岐する。葉は互生する。茎の下部の葉は先端 が尖る卵形〜楕円形、茎の上部では被針状。中段の葉や下葉に は翼があり、根葉は特に柄が長くやや束生する。やや内曲する鋸 歯があり、下部に細かい葉脈の網目模様がある。花は茎先に穂状 となって頭花が多数つく。花冠は黄色で、直径12 ~14mm。中央に筒状花(両性)が10個あり、周りを広線形の舌状花(雌性)が囲む。晚夏から秋にかけて内側の筒状果が結実し、には冠毛がある。
産地と分布:  北海道から九州に分布し、山地や丘陵部の日当たりの良い場所 に生える。かつては里山に囲まれた水田の周辺、溜池の土手など に普通に自生し、秋草の代表であった。朝鮮、ユーラシア大陸に も広く分布する。
用途・効果:  全草を乾燥させて胃薬、利尿に用いる。新芽は食用になる。