アケボノスミレ

 013

アケボノスミレ:Viola rossii Hemsl.

別名(和名): No information in present.
英名: No information in present.
ローマ字名: Akebonosumire
和名(漢字): 曙堇
中国名: 辽宁堇菜
生薬名: 紫花地丁
花期: 4〜5月
使用部位: 新芽,若葉
植物解説:  多年草。高さ5 ~10cm。スミレサイシンの仲間で、地下墓は太く短く横に伸びる。葉は花の時期には完全に展開しない。出始めの葉は内側に丸まっていることが多ぐ展開した葉は4 ~ 7cmの先が細く尖った卵心形で、両面に細かい毛が生える。基部が深く湾入し、鋸歯を有する。花は直径2 ~ 2.5cmの紅紫色で、距はやや太く短ぐ側弁は有毛〜無毛。和名は、花色を明け方の空の色に例えたことに因む。
産地と分布:  北海道から九州に分布しており、太平洋寄りの内陸部に多ぐ西日本の分布は少ない。高知県でも祷原にのみ分布する。山地の日当たりの良い所や乾燥気味の雑木林、陰地を好む。朝鮮、中国北部、ウスリーにも分布する。
用途・効果:  スミレ属の地下墓は粘液があるので、すりおろし、トロロとして食す。 開花直前までの新芽・若葉を茹でて漬物、和え物、汁の実、酢の物に利用する。紫花地丁はスミレ科スミレ属の無茎種の全草のこと で、化膿による皮膚の炎症やできもの、乳腺炎、各種の腹痛、毒蛇の咬傷に用いる。