イタドリ

 020

イタドリ:Faliopia japonica (Houtt.j Ronse Deer. var. japomca

別名(和名): オノエイタドリ,スイバ,スカン
ポ,イタンポ,ドングイ,イタヅリ
英名: Japanese knotweed,
Flowering bamboo
ローマ字名: Itadori
和名(漢字): 虎杖,痛取
中国名: 虎杖,虎杖根
生薬名: 虎杖
花期: 7〜10月
使用部位: 根,根茎,地上部(茎)
植物解説:  多年草。高さ1~2m。雌雄異株。太い地下茎が四方に長く伸び、節から芽を出し群落を作る。緑色の肌に紅紫色の斑が入っている竹の子状の新芽が伸び、古くなると木質化する。葉は互生し、長さ6 ~15cmの三角状卵形〜広卵形。縁が波打ち、若葉に赤い斑紋が出る。葉腋から枝を出し、その先に白や黄色〜紅色を帯びた小さい花を穂状に多数つける。秋に熟した実は黒褐色になり、3枚の翼がある種子ができる。
産地と分布:  東アジア原産種。北海道(西部以南)から九州に分布し、日当たりの良い丘陵地、山地の林縁、荒地、山地の道路脇、土堤、川原などに生える。また、朝鮮、台湾、中国にも分布する。
用途・効果:  そのままかじったり、塩をふって味を調整する。高知では塩漬け や冷凍保存をして汁の実、煮物、炒め物、和え物、酢漬け、酢の物、ちらし寿司の具などにする。生のままでは、天ぶら、即席漬けなどに。また、染色や飼料植物としても利用される。地上部が枯れたころに根茎を採り、水洗いして風通しのよい所で天日乾燥し、通経、利尿、暖下剤、慢性気管支炎、熱湯による火傷、打撲傷に用いる。地上部にはポリフェノールの一種であるレスベラトロールという抗老化・抗メタボリック成分を含むものの、エモジンという成分も含まれ、食するには安全性が確立されていない。