イヌシデ

 024

イヌシデ:Carpinus tschonoskii Maxim.

別名(和名): シロシデ,ソネ,ソロ
英名: Yedo hornbeam,
Korean horubean
ローマ字名: Inushide
和名(漢字): 犬四手,犬垂
中国名: 昌化鹅耳枥
生薬名: No information in present.
花期: 4〜5月
使用部位: 全樹(材)
植物解説:  落葉高木。幹は直立し、高さ約14m,直径約60cmにもなる。樹皮は暗灰色。葉は互生し、長さ4 ~ 8cmの卵形〜楕円形。先は鋭尖形で、不規則な二重鋸歯となる。12 ~ 15対の明瞭な側脈があり、斜めに平行に並んでいる。花は若葉の間から短く出る。雄の尾状花穂は前年枝から垂れ下がり、黄褐色で卵状心臓形。雌の花穂は新枝の先につき、淡緑色で少し曲がっている。果穂は長さ4 ~ 8cm,葉状の緑色の苞をつける。小さな堅果は長さ約5mmの広卵形。
近縁種に、新芽と紅葉した葉が赤くなることに因んだアカシデと、葉脈が倍以上の大きさになるクマシデがある。
産地と分布:  本州(岩手県以南)から九州、朝鮮、中国に分布する。日本にあるシデ類(クマシデ属)5種はすべて四国にも分布する。
用途・効果:  薪炭材、建設材、器具材、シイタケのほだ木、公園などへの植栽、盆栽、観賞用などに使用する。