イヌビワ

 025

イヌビワ:Ficus erecta Thunb. var. erecta

別名(和名): イタビ,イタブ,コイチジク,チチノミ,ヒメビワ
英名: Dwarf biwa
ローマ字名: Inubiwa
和名(漢字): 犬枇杷
中国名: 矮小天仙果,假枇杷(台湾)
生薬名: 天仙果
花期: 4〜6月
使用部位: 果嚢,新芽,若葉,根
植物解説:  落葉中木。雌雄異株。高さ5m。樹皮は灰白色で平滑で、傷をつけると白乳液が出る。葉は互生し、長さ10 〜 20cm、幅3 〜 8cmの卵状楕円形〜倒卵形、基部は円形か心形。葉の表面には 微細な毛が散在し、裏面は脈上に微毛がある。本年枝の葉腋に花嚢を1個つけるが、イチジクのような果実の中にあり、外からは見えない。雄花嚢は直径約1.5cmで赤く熟すが硬くて食べられない。 雌木にできる雌花嚢(果嚢)は直径1.5 〜 1.7cmで、秋に黒紫色に熟し食べられる。食感はイチジクによく似ていて、小さな種子が多数入っている。
産地と分布:  本州(中部以南)から九州、沖縄、朝鮮(済州島)に分布し、沿岸部の林内、暖地の山地や丘陵、コナラ林などの二次林や林縁に生育する。
用途・効果:  赤黒く熟した実をジャムなどにして、パンなどに塗って食べることが出来る。新芽と若葉は軽く茹でて刻み、スープ、和え物、バター炒めなどにして食べる(美容食品)。