イロハモミジ

 031

イロハモミジ:Acer palmatum Thunb.

別名(和名): タカオカエデ,イロハカエデ, コハモミジ
英名: Japanese maple
ローマ字名: Irohamomiji
和名(漢字): 伊呂波楓
中国名: 鸡爪槭
生薬名: No information in present.
花期: 4〜5月
使用部位: 全樹(材),若葉
植物解説:  落葉中木。高さ10〜15m、幹の直径約80cm以上。樹皮は 緑を帯びた淡灰褐色。平滑で、わずかに縦縞の模様がある。葉は対生し、長さ・幅ともに3〜7cmで掌状に深く5〜9裂する。葉柄は1.5〜3cm、秋に黄褐色から紅色に紅葉する。葉と共に花柄を出す。直径5〜8mmで黄緑色もしくは紫色を帯び、萼片より小 さい5弁花を10〜20個下向きにつける。萼片5個は暗紫色。果実は長さ約1.5cmのプロペラ状の翼果で、7〜9月に熟す。
産地と分布:  本州以南、四国、九州に分布する。太平洋側の平地から標高約l,000mにかけての低山、台地、丘陵地、山地の谷沿いに多い。 高木が繁る雑木林でも幼木が育つ。また、朝鮮半島、中国、台湾にも分布する。
用途・効果:  塩漬けした若葉を天ぶらに用いたり、建築、器具材、庭木、公園樹、 盆栽、観賞用として使用する。