イワニガナ

 033

イワニガナ:Ixeris stolonifera A.Gray

別名(和名): ジシバリ(地縛り)
英名: Wild daisy
ローマ字名: Iwanigana
和名(漢字): 岩苦菜
中国名: 蔓苦賈
生薬名: No information in present.
花期: 3〜6月
使用部位: 若葉,全草
植物解説:  多年草。茎は分枝して地上をはう。葉は根元につき、長さ0.9 〜3cm、幅0.8〜2.5cmの卵円形〜広卵形で、葉柄が長く薄い。基部は円形〜くさび形となり、鋸歯はない。花は長さ8〜15cm、 直径2〜2.5cmの黄色の頭花を1〜3個つける。総苞は0.8〜1cmの円柱形。痩果はやや扁平で長さ4〜6mmの紡錘形になる。 和名の由来は少しでも土があれば、岩の上でも生えることに因む。別名のジシバリが一般的に用いられている。
産地と分布:  北海道から沖綿、朝鮮、中国に分布し、日当たりのよい山野、田の哇、畑などに生える。
用途・効果:  若葉は苦いが、茹でて食べられる。民間療法として、開花期の全草を天日乾燥させ、鼻づまり、健胃などに用いる。