ウツボグサ

 035

ウツボグサ:Prunella vulgaris L. subsp. asiatica (Nakai) H.Hara

別名(和名): カゴソウ(夏枯草)
英名: Self heal
ローマ字名: Utsubogusa
和名(漢字): 空穂草,靫草
中国名: 夏枯草
生薬名: 夏枯草
花期: 6〜8月
使用部位: 全草
植物解説:  多年草。高さ10〜30cm。地表に走出枝を伸ばして広がり、先端が翌年の苗になる。茎の断面は四角。葉は対生し、披針形で縁に浅い鋸歯を有し、白く粗い毛が密生している。茎頂に長さ3〜8cmの穂状に花序を出す。心臓形の苞葉が密に対生した中に、紫色の唇形の花を3つ咲かせる。上唇は兜状で、下唇は3つに裂け、中央の裂片の縁が細かく切れ込む。花が終わると2枚の萼が閉じて果実が成熟する。
産地と分布:  日本各地に分布し、山野、日当たりの良い山野の草地、畦道に多く自生する。東アジアの寒帯から温帯にかけても広く分布する。
用途・効果:  山野草として栽培される。新芽、若葉を塩茹でにして水にさらしたものを和え物、煮びたしなどに。花は生のままサラダの飾りに。秋の花穂が褐色になり始めたころ、花穂を採り、天日乾燥し、煎じて飲用する。利尿、消炎作用があり、リンパ節結核、甲状腺腫、 高血圧、頭痛、悪性の腫れ物、浮腫、腎臓炎、膀胱炎、口内炎、扁桃腺炎に用いる。