ウラジロノキ

 041

ウラジロノキ:Aria japonica Decne.

別名(和名): アワダンゴ,ヤマナシ, ヤマスモモマメナシ
英名: No information in present.
ローマ字名: Urajironoki
和名(漢字): 裏白の木
中国名: No information in present.
生薬名: No information in present.
花期: 5〜6月
使用部位: 全樹(材),果実
植物解説:  雄弁花の双子葉植物。高さ10 ~15 mの落葉高木。長枝と短枝を形成する。短枝からは2 ~ 4枚の葉が出て、輪生のように見える。長枝は明瞭な互生になる。葉は互生し、長さ5 ~ 15cmの卵円形〜広倒卵形。規則的な重鋸歯で、三角状の尖った鋸歯に小さな鋸歯が5つ前後ある。側脈は8 ~ 11本あり、美しく平行に走って鋸歯の先端に出る。側脈は下面に突出し、密に白毛がある。枝先に複散房花序を形成する。花は直径1~1.5cmの白色、花柱は2本ある。果実は倒卵状楕円形のナシ状果、秋に橙色に熟す。
産地と分布:  本州から九州に分布し、山地帯の尾根や山頂などの乾燥する場所に生育する。
用途・効果:  器具材(盆、箱、器具の柄)、薪炭、庭園樹、観賞用に使用する。 熟した果実はリンゴの味に似て食用となる。