ウリカエデ

 042

ウリカエデ:Acer crataegifolium Siebold et Zucc.

別名(和名): メウリノキ,メウリカエデ,オオバノウリカエデ
英名: Hawthorn-leaved maple
ローマ字名: Urikaede
和名(漢字): 瓜楓
中国名: 山楂葉槭
生薬名: No information in present.
花期: 4〜5月
使用部位: 全樹(材)
植物解説:  落葉中木。高さ約8m。若い幹の樹皮は濃緑色で、ウリの果皮に似た縞模様になる。葉は長さ4 ~ 8cm、幅3 ~ 5cm。浅く3 ~5裂し、基部から伸びる3本の太い脈が目立ち、重鋸歯。秋には黄色から赤橙色に紅葉する。枝先に長さ約4cmの花序を出し、直径約8mmの小さな淡黄色の花をつける。果実は長さ約3cmで、翼はほぼ平行にひらき、赤みを帯びる。9月ごろ茶褐色に熟す。
産地と分布:  日本固有種で、本州(宮城県以南)から九州に分布し、低山の林内や林道沿い、丘陵地帯の明るい二次林に自生する。
用途・効果:  庭木、公園樹として植栽、器具材(箸、楊枝、玩具)に使用する。