ウリノキ

 043

ウリノキ:Alangium platanifolium Harms var. trilobatum Ohwi

別名(和名): No information in present.
英名: No information in present.
ローマ字名: Urinoki
和名(漢字): 瓜の木
中国名: 瓜木,八角楓
生薬名: 瓜木根,八角楓根
花期: 5〜6月
使用部位: 根,全樹
植物解説:  落葉低木。高さ約3m。葉は互生し、長さ10~20cmで3~7浅裂する。主脈は掌状に5本あり、表面には毛がまばらだが、裏面には軟毛が密生する。花は葉腋に花柄を出す。上部でまばらに分枝し、小花柄の先端にかなり大きい白色の6弁花を咲かせる。花弁は線形で、開くと外側に巻きかえる。果実は広楕円形〜球形の核果で熟すと藍色になる。
産地と分布:  北海道から九州に分布し、暖温帯上部から冷温帯の夏緑広葉樹林の谷沿い、沢筋、林縁など喑い場所を好む。朝鮮、中国、東南アジアを中心に熱帯域にも広く分布する。
用途・効果:  イギリスでは庭園樹として普及している。スギの植林に適した地に自生するため、候補地選びの指標となる。中国では根を沈痛、麻酔、避妊の作用があるとして使用する。有毒であるが甘味を有する成分を含有するとの報告がある。