ウリハダカエデ

 044

ウリハダカエデ:Acer rufinerve Siebold et Zucc.

別名(和名): ウリイタヤ,ウリノキ,ヤマイタヤ
英名: Redvein maple
ローマ字名: Urihadakaede
和名(漢字): 瓜肌楓,瓜膚楓
中国名: 瓜木
生薬名: No information in present.
花期: 5月
使用部位: 全樹(材)
植物解説:  落葉高木。雌雄異株(まれに同株)。若い幹の樹皮は濃緑色で滑らか。次第に縦の割れ目に直交する縮緬状の割れ目ができ、白褐色〜褐色でウリの果皮に似た縞模様が出来る。葉は対生し、長さ、幅ともに10 ~15cmで浅く3 ~ 5裂する。基部から伸びる3本の太い脈が目立ち、重鋸歯。葉の下面の脈上に赤褐色の毛が生える。紅葉は黄色から赤褐色になる。前年枝に長さ5 ~10cmの花序を出す。直径7 ~ 8mmの5弁花で黄緑色。雄花の花弁は長さ約5mm、雌花では約3.5mm。果実は長さ2 ~3cm、翼はほぼ平行に開き、7 ~10月ごろ茶褐色に熟す。
産地と分布:  日本固有種で、本州から九州に分布し、丘陵地帯から山地の明るい夏緑樹林内、斜面下部や谷筋などに生育する。
用途・効果:  鮮やかに紅葉するので庭木、公園樹として植栽する。材が白いため、建築材、家具、器具材、細エ材として使用する。