ウワバミソウ

 045

ウワバミソウ:Elatostema involucratum Franch. et Sav.

別名(和名): ミズ,ミズナ,アカミズ, クチナワジョウゴ
英名: No information in present.
ローマ字名: Uwabamisou
和名(漢字): 蟒草,蟒蛇草
中国名: 大傘花樓梯草
生薬名: No information in present.
花期: 4〜6月
使用部位: 茎,葉,根茎
植物解説:  多年草。高さ約50cm。雌雄異株。地茎を立ち上げ、群落を形成することが多い。茎は赤みを帯び多肉質で斜めに伸び、根茎は短く横にはう。葉茎は無毛で水を含んでやわらかぐ指で潰すことができる。葉は互生し、長さ5 ~10cmの長楕円形。先端は長く尖り、柄が無ぐ縁に粗い鋸歯を有する。表面にはまばらに、裏面には脈上に毛が散生する。葉腋に黄白色の花をつける。雄株は葉脈から1 ~ 2cmの柄を出し、雌株は柄が無ぐ黄白色の小花を固めてつける。果実は、秋に茎の節が肥大して無性芽を落とす。
産地と分布:  北海道から九州に分布し、谷沿いや渓流沿い、山地の湿った斜面や崖地などに生育する。中国(揚子江以南)にも分布する。
用途・効果:  新芽、若葉はそのままでも食べられる。天ぶらや、軽く塩茹でしたものを三杯酢や酢味噌などで和え物にしたりもする。春から夏の茎は、葉やむかごも食べられるが強いクセがある。根茎はひげ根を取り、よく洗い、たたき潰すと珍味のミズナトロロが味わえる。