エイザンスミレ

 046

エイザンスミレ:Viola eizanensis (Makino) Makino

別名(和名): エゾスミレ
英名: Eizan-violet
ローマ字名: Eiizansumire
和名(漢字): 叙山董
中国名: No information in present.
生薬名: 紫花地丁
花期: 4〜5月
使用部位: 新芽,若葉,全草
植物解説:  多年草。高さ5 ~15cm。葉は根生し、長さは3 ~ 6cm、深緑色で3裂する。側裂片はさらに2裂し、さらに細かく切れ込む複葉性である。花後の葉は大きく幅広で、完全な3裂となることが多い。長さ5 ~15cmの花柄を出し、一株に直径1.5 ~ 2.5cm、淡赤紫色〜白色の芳香がある花を1〜3個つける。花弁の縁は波打ち、側弁の基部は毛を有する。地下茎は短くて太ぐ全体的に大形である。
産地と分布:  本州、四国、九州に分布し、山地の林下や林縁の日当たりの良い場所に生える。
用途・効果:  スミレ属の地下茎は粘液があって、すりおろしトロロとして食す。開花直前までの新芽・若葉を茹でて漬物、和え物、汁の実、酢の物に利用する。花が大きく美しぐ葉に特徴があるため、山野草として栽培したり、観賞用に使用する。紫花地丁はスミレ科スミレ属の無茎種の全草のことで、化膿による皮膚の炎症やできもの、乳腺炎、各種の腹痛、毒蛇の咬傷に用いる。