エダウチチヂミザサ

 047

エダウチチヂミザサ:Oplismenus compositus (L.) P.Beauv.

別名(和名): ヤマガギナ,ガギナグサ
英名: Running mountain grass
ローマ字名: Edauchichijimizasa
和名(漢字): 枝打縮み笹
中国名: 竹葉草,竹叶草
生薬名: No information in present.
花期: 8〜10月
使用部位: 全草
植物解説:  多年草。高さ20〜40cm。チヂミザサに似ているが、全体にやや大型。枝分かれし、地面を匍匐し、根は茎の節ごとに出る。葉は互生し、長さ3〜7cmの卵状楕円形。基部は鞘状に茎を抱き、先が尖る。茎が立ち上がり、チヂミササより長い花穂ができる。左右に枝のように分かれた小穂が花穂の下部にまばらにたくさんつき、葯は紫色。芒に粘り気がある。和名は、葉の形が笹に似ていて縁が波状に縮れているチヂミザサより大きぐまた花穂に枝があることに因む。
産地と分布:  本州南部、伊豆諸島から九州南部、沖縄に分布し、やや暗い林縁、空地などに自生。高知県では海岸近くに多く見られる。また、台湾、南アジアからアフリカにも広く分布する。
用途・効果:  中国では皮膚病など外用薬として用いられ、痂皮性の減少後に膿疱が回復するという重要な効果が認められている。