オウレン

 050

オウレン:Coptis japonica (Thunb.) Makino

別名(和名): キクバオウレン(菊葉黄連)
英名: Goldthread
ローマ字名: Ouren
和名(漢字): 黄連
中国名: 黄連
生薬名: 黄連
花期: 3〜4月
使用部位: 根茎
植物解説:  オウレンは生薬として用いるキクバオウレンの別名で、学名:Captis japonica Makinoを広義として用いることがある。以下はキクバオウレン C. japonica Makino ver. anemoniafolia H.Ohba について紹介する。多年草。高さ10~15cm。雌雄異株。開花とともに新しい葉が展開し、古い葉が枯れる。葉はすべて根生し、1回3出複葉を有する。小葉はセリのように裂する。花茎は根茎から高さ10〜25cmで、先端に直径約1cmの白い花を1~3個つける。萼片は花弁状で5~6個あり、退化した花弁は蜜腺である。
産地と分布:  北海道から本州(日本海側)、四国に分布し、山地の樹林の下の日陰に自生する。薬用植物としても栽培される。
用途・効果:  苦味健胃、下痢止め、抗炎症、肝障害改善、中枢抑制、鎮痙、血圧降下、動脈硬化予防作用などに用いる。秋に掘りとった根茎から細根を切り取り、乾燥させ火で炙り丁度良く焼いたものを生薬の黄連といい、細根の跡を磨いて取り除いたものを磨黄連という。本来の黄連は中国産のシナオウレンの根茎をとり乾燥したもので、中国産も日本産も薬効に大きな違いはないと考えられてきたが、成分組成に違いが認められている。